野次馬エンジニア道

野次馬な気持ちでプログラミングをあれこれと綴ります

Outlook2011ユーザのためのMacBook移行

Mac

2017年は仮想マシンなどをとにかく手元で試したいがSSDの容量が逼迫しているためスキマ時間に別のマシンに移行してみた。 移行アシスタント 何はともあれ移行アシスタントでデータを移行する。容量も多いのでEthernetケーブルで2台のMacBookを直結する。 コ…

Building Microservices

2016年もあと少し。毎年恒例オライリーのカレンダー欲しさに今年も本を購入。 大分前に読んだが内容をまとめていなかったので気になったところをメモ書き。 マイクロサービスアーキテクチャ作者: Sam Newman,佐藤直生,木下哲也出版社/メーカー: オライリージ…

Architecting for Scale - Two mistakes high

スキマ時間にコツコツ下記の本を読む。 Architecting for Scale: High Availability for Your Growing Applications作者: Lee Atchison出版社/メーカー: Oreilly & Associates Inc発売日: 2016/08/04メディア: ペーパーバックこの商品を含むブログを見る 概…

Alexa Skills Kit を使ったAmazon Echoのカスタムスキル開発

(少し前の話だが) 6月に開かれたAWS Summit 2016*1で、気になる講演 「クラウドとマイクロサービスによる音声操作の新時代 - Amazon Echo & Alexa」があったので聴きに行ってきた。 www.youtube.com Amazon Echoは音声でSpotifyにある楽曲を再生するデモを…

Angular2.0とAngular1.Xからの移植について

3月21日に品川のマイクロソフトの本社で開かれた ng-japan - The Angular conference in Tokyo, Japan (2016/3/21) に参加。自分がチェックしたかった内容は Angular2.0 Angular1.Xからの移植 非常に有益な話がたくさん聞けたので大変満足。セッションをピッ…

ElasticSearch入門 (3) スコアの計算

フィルタリングの話の前にスコアの計算が気になったので深く見てみることにした。 基本的な知識 ベクトル空間モデル 単語を一つのベクトルとして表現して扱うベクトル空間モデルでは、ドキュメントの類似度をコサイン距離で計算する。 正規化することでドキ…

JavaScriptでオブジェクト指向 (5) - ECMAScript 6で

以前ES5でまとめたが、最近ES6のコードの目にする機会が急激に増えた気がする。 Babelの babeljs.ioのオンラインの変換をみながらclassの利用方法から確認してみた。 クラスの定義 以前の例をES6で書き直す //ES6以前 var Foo = function(_name){ this.name …

ElasticSearch入門 (2) キャッシュ・検索

前回は基本概念をみたので続き。参考にした書籍が古すぎるので思い切って Mastering Elasticsearch - Second Edition作者: Rafał Kuć,Marek Rogoziński出版社/メーカー: Packt Publishing発売日: 2015/02/27メディア: Kindle版この商品を含むブログを見る で…

React入門 - コンポーネント・サーバサイドレンダリング・Flux

年末年始は本屋でオライリーのカレンダーをもらうのが毎年恒例。カレンダー欲しさに買った 入門 React ―コンポーネントベースのWebフロントエンド開発作者: Frankie Bagnardi,Jonathan Beebe,Richard Feldman,Tom Hallett,Simon HØjberg,Karl Mikkelsen,宮崎…

ElasticSearch入門 (1) 基本概念・インデックス作成・アナライザ

近所の本屋で売っていたので興味を持って購入。現在のElasticSearchのバージョンは2.1。書籍は0.90.11とかなり古い。色々変わっていたのでメモ。 高速スケーラブル検索エンジン ElasticSearch Server作者: Rafal Kuc・Marek Rogozin’ski,株式会社リクルート…

Android 2.3 の WebView のクロスドメインリクエスト(続編)

ここ数ヶ月かなり忙しく更新をサボっていたので疑問に思っていたことを。 モバイルのサイトをやっているとどうしても避けられないのが古いデバイスへの対応。 悩ましいのがAndroid2.3のようなデバイス達*1。例え中古で二束三文で売られていたしてもは出来の…

モバイルWebアプリのテスト自動化 (2) - Appium

前回は、iOS向けの記事だったので、 Android向けもメモ。 環境のセットアップ(Android) Android SDKや環境変数のチェック appium-doctor -–dev でOKか確認する。2015/05/24時点の最新はAPI Level: 22だが、Appiumの一部モジュールのビルドのため18,19,21もイ…

モバイルWebアプリのテスト自動化 (1) - Appium

AndroidとiOSに対応したオープンソースのテスト自動化フレームワーク Appium: Mobile App Automation Made Awesome. を試してみた。Appiumの特徴は アプリのリビルドが不要 Webアプリとネイティブとを混ぜたハイブリッドアプリに対応 様々なプログラム言語の…

コードの複雑さ - テスタブルJavaScript

テスト熱が高まっているので自宅で下記の本を発掘。放置していた間に本書でメインに取り上げられているYUIは残念ながらメンテナンスされなくなっているようだ*1。 テスタブルJavaScript作者: Mark Ethan Trostler,牧野聡出版社/メーカー: オライリージャパン…

アジャイルテストの4象限とテスト自動化のピラミッド

「アジャイルなプロセスでやっています」といった台詞はよく聞く。しかしテストの重要性や方法論について力説してくれる人は多くない。 実践アジャイルテスト テスターとアジャイルチームのための実践ガイド (IT Architects’Archive ソフトウェア開発の実践)…

パフォーマンス最適化のためのネットワーク関連の最強本

HTTP2や5Gというキーワードをちょっと前によく耳にして、ふと手にとってみた本。 ハイパフォーマンス ブラウザネットワーキング ―ネットワークアプリケーションのためのパフォーマンス最適化作者: Ilya Grigorik,和田祐一郎,株式会社プログラミングシステム…

TwitterのWebinar "Drive User Growth..."を聴講

リアル勉強会に参加したことが無いので気分だけでもと思い、Twitterの "Drive User Growth and App Engagement with Twitter"というWebinarを聴講してみる。 TwitterAcademy https://twitter.twimg.com/TwitterAcademyで現在(2015/04/04時点)でも"TWITTER AD…

AngularJSのスタイルガイドの日本語訳

同僚とベストプラクティスに関して議論になりそこで紹介されたのが、 johnpapa/angular-styleguide というスタイルガイド。 クロスで参照されている @toddmottoの方が分量も少なく要点が絞ってあり@tama3bbによる日本語訳もあるので有難い。 johnpapaの方は…

CoffeeScriptでオブジェクト指向 - クラス定義と継承

以前のJavaScriptに続いて js2coffeeで結果を見ながら文法から触れてみる。 変数の宣言と関数 セミコロン不要*1 varは書かない curly braces の代わりにインデントで書く functionの代わりに-> 関数名の後にカッコを書かずに引数を並べる 任意の引数も渡せる…

ビジネス関連の読書メモ (4) - 数学再入門

ビジネスには程遠いが、年末年始のスキマ時間に数学に再入門。 計学のための数学入門30講 統計学のための数学入門30講 (科学のことばとしての数学)作者: 永田靖出版社/メーカー: 朝倉書店発売日: 2005/04/01メディア: 単行本購入: 23人 クリック: 398回この…

ビジネス関連の読書メモ (3) - CRM

4冊目。CRMの基本 O2O関連の書籍*1を読んでからモバイルアプリを使ったCRM(顧客関係管理:Customer Relationship Management)に興味があったので下記を読んでみた。 この1冊ですべてわかる CRMの基本作者: 坂本雅志出版社/メーカー: 日本実業出版社発売日: 20…

ビジネス関連の読書メモ (2) - ITビジネス・統計学

ビジネス書籍をまた読んでみた。 3冊目。ITビジネスの原理 インターネットがビジネスをどのように変えたかを出発点に著者の経験からITビジネスの仕組みを説明。 ITビジネスの原理作者: 尾原和啓出版社/メーカー: NHK出版発売日: 2014/01/28メディア: 単行本…

統計検定2級を使った統計基礎の学習

普段仕事で統計を使うことは全く無し。数学はほぼ高校生以下の状態。 方針としては 1級に挑戦してみたいので理論的な部分にも触れてみる。 手を動かしながら理解する 時間短縮のため書籍はケチらず購入 とした。 自習したこと 申し込み締め切り日に思い立っ…

ビジネス関連の読書メモ (1) - データ分析

ビジネス書として下記を読んでみた。 1冊目。会社を変える分析の力 会社を変える分析の力 (講談社現代新書)作者: 河本薫出版社/メーカー: 講談社発売日: 2013/07/18メディア: 新書この商品を含むブログ (11件) を見る 全編を通して著者の一貫した現場主義に…

TesseractOCRのPythonバインディングでPDFからデータ抽出

PythonでPDFをOCRをかけてテキストデータに変換してみる。 PDFから画像に変換 PDFMinerが便利そう。早速 pip install pdfminer 画像の抜き出しは、 -O 画像の出力先 -p ページ数 (指定しない場合は全ページ) pdf2txt.py -O image/ -p 4 source.pdf Tesseract…

ハイブリッドアプリ開発 - ネイティブブリッジとAngularJS以降

HTML5などのWeb技術を使ってiOSとAndroidの両方で動作するアプリケーションを開発した事例や内部的な実装を体系的に解説した [iOS/Android対応] HTML5 ハイブリッドアプリ開発[実践]入門 (Software Design plus)作者: 久保田光則,アシアル株式会社出版社/メ…

JavaScriptでオブジェクト指向 (4) - ECMAScript 5の関数で

以前に一度まとめたが、下記を読んで興味がわいたので久しぶりにJavaScriptを。 オブジェクト指向JavaScriptの原則作者: Nicholas C. Zakas,和田祐一郎出版社/メーカー: オライリージャパン発売日: 2014/06/18メディア: 単行本(ソフトカバー)この商品を含…

統計基礎の記事一覧

復習用に直近一ヶ月のぐらいの記事をまとめておく。 確率分布 確率分布 - 二項分布とポアソン分布 - 野次馬エンジニア道 確率分布 - 一様分布と幾何分布 - 野次馬エンジニア道 標本分布 標本分布 - 標本の期待値と分散 - 野次馬エンジニア道 標本分布 - χ二…

重回帰分析 - 説明変数の選択

単回帰に続いて今日は重回帰分析 重回帰分析 重回帰モデル 残差と平方和は、 となる。 偏回帰係数の推定 を最小にするような偏回帰係数 を求める。 のそれぞれで偏微分して0にすると となる。 ここで説明変数間の共分散 と 説明変数と応答変数の共分散を を …

分散分析 - 二元配置

前回の一元配置に続いて今日は二元配置 主効果と交互作用 多因子実験のときに、それぞれの因子による単独の効果(main effect)と組み合わせによる交互作用(interaction)を考慮する必要がある。 二元配置(two-way layout) 一元配置と同様に一般平均と効果と誤…

分散分析 - 一元配置

用語がなんか独特なのでまとめてみる。 分散分析 (analysis of variance) 因子・水準と平方和 3つ以上の母集団の平均の比較。実験として取り上げるものを因子(factor)、因子に与える上限を水準(level)と呼ぶ。因子と水準との組み合わせからなる実験条件のこ…

確率分布 - 一様分布と幾何分布

二項分布とポアソン分布以外の分布について。 一様分布 とその前に、高校生の数学。等差数列の和 一様分布の期待値 一様分布の確率分布を、 とすると、上記の等差数列の和の式を使って 一様分布の分散 となる。 幾何分布 x回目に初めて成功する確率分布 とす…

統計検定 - 2級の過去問に挑戦

試しに統計検定の2級の過去問(2014/6)に挑戦。 (追記) 学問所薫塾:統計検定2級講座 で解説が公開されていました。 答え合わせ 正解の選択肢は公開されているが解説はないので答え合わせがてらまとめてみた。 問1 幹葉図 四分位範囲 平均が意味をなさない場…

仮説検定 - p値・検出力

推定を一通りやったので。次は検定について見てみる。 早速p値の意味でつまづく。。。 p値 帰無仮説 (null hypothesis) 帰無仮説が棄却されることを消極的に期待して、棄却された途端に対立仮説が正しいとする、この流れが二重否定になっているのがわかりに…

区間推定 - 母相関係数・母集団比率

前回の続き。 母相関係数の区間推定 標本から求めた相関係数から母相関係数を推定する。 双曲線関数 を 双曲線関数と呼ぶ。 になっていることがわかる。 逆双曲線関数 の逆関数は となる。ここでは のみ。 フィッシャーのZ変換 (Fisher's z transformation) …

区間推定 - 母平均・母分散・母平均の差・母分散の比

区間推定とは 真の母数 がある区間 に入る確率を 以上になるように保証するような や を求めること。 を信頼係数(confidence coefficient)。通常95%や99%など。 区間 を 信頼区間(confidence interval) と呼ぶ の確率で となるという意味ではない。多くの標…

回帰分析 - 単回帰における回帰係数の推定

回帰分析 今日はモデリングの基本として単回帰から見ていく。Rを使った出力まで。 回帰モデル 母回帰方程式(population regression equation)と呼ばれる1次関数。 を母回帰係数、 を従属変数 を独立変数 を誤差項と呼ぶ。 他にも呼び方は色々ある。 それぞれ…

標本分布 - χ二乗分布とt分布

苦手を克服するために今日もまとめる。 ガンマ関数とベータ関数 ガンマ関数は、 の実数に対して となる。この関数には、 mが自然数のときに 階乗の一般化。 mが0より大きい実数のときに という性質がある。ベータ関数は、 と定義されて、両者の間には、 とい…

標本分布 - 標本の期待値と分散

標本抽出の種類 単純無作為抽出法 (simple random sampling) 母集団から同確率で無作為に抽出。どの個体が選択される際も等確率の必要あり。 系統抽出法 (systematic sampling) 全要素を採番し等間隔で抽出。 層化無作為抽出 (stratified sampling) 母集団を…

確率分布 - 二項分布とポアソン分布

とその前に、高校の数学を全部忘れてたのでメモ。markdown形式の中に数式を書くときはエスケープが必要。はてなブログでtex記法を使うときのメモの記事が参考になる。 順列・組み合わせ である。またである。 二項分布 (Binomial distribution) 準備が整った…

確率論 - ベイズの定理

はてなブログは、Tex形式で数式がかけるらしい。今日は苦手な確率に関して野次馬してみる。 同時確率(joint probability) 二つの事象がどちらも起こる確率。 周辺確率(marginal probability) 他の事象にかかわりなく一つの事象だけの確率。つまり とか。 同…

Promise/Deferred パターン

非同期処理の記述 Deferredとは遅延評価、Promiseとは未来に決定される約束という意味。 Promise等の名称は言語によるが、下記の説明がわかりやすい。 future, promise, delay とは、プログラミング言語における並列処理のデザインパターン。何らかの処理を…

ソートと探索

前回は、計算量とグラフの走査についてまとめた。 手っ取り早くソート 簡単なプリミティブな配列で昇順であれば int[] a = {4, 3, 2, 1}; java.util.Arrays.sort(a); Integerを使って書くと List<Integer> _list = Arrays.asList(4,3,2,1); Collections.sort(_list); </integer>…

データ構造 - 計算量・グラフの走査

言語によってはCollectionのクラスが用意されてるのでここでは概念的な部分を軽く見てみる。 計算量 データ構造やアルゴリズムを評価する際に必要な基準。 時間計算量(time complexity) 空間計算量(space complexity) これらはトレードオフの関係。現実の制…

JavaScriptでオブジェクト指向 (3) - プロパティとアクセス制御

前回は継承を調べた。 プロパティ オブジェクトを定義したときは何らかのプロパティを定義することがほとんど。 どこに定義するかで、クラス経由かインスタンス経由でアクセスできるかが変わる。 function Foo(){} var bar = new Foo(); Foo.val = 'somethin…

JavaScriptでオブジェクト指向 (2) - 継承

前回は、クラスの定義の方法をまとめた。 StringとObjectの関係 継承関係にあるStringとObjectを見直してみる。 var foo = new String(); foo instanceof String // true String.prototype instanceof Object // true String.prototypeがObjectのインスタン…

JavaScriptでオブジェクト指向 (1) - クラス定義

プロトタイプベースのオブジェクト指向とよく本に書かれていますがいまいちピンとこない。早速野次馬的に入門してみます。 オブジェクト 型がなきゃ不安だ。という訳で見慣れたリテラルをオブジェクトとして見てみる。 var a = {foo:bar}; var a = new Objec…