読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

野次馬エンジニア道

野次馬な気持ちでプログラミングをあれこれと綴ります

統計検定2級を使った統計基礎の学習

普段仕事で統計を使うことは全く無し。数学はほぼ高校生以下の状態。

方針としては

  • 1級に挑戦してみたいので理論的な部分にも触れてみる。
  • 手を動かしながら理解する
  • 時間短縮のため書籍はケチらず購入

とした。

自習したこと

申し込み締め切り日に思い立って申し込む。それから本を買ってゼロから勉強。

自習の過程とペースは

の通り。

テキスト

まずは教科書的な位置付けである下記を読む。

統計学入門 (基礎統計学)

統計学入門 (基礎統計学)

「赤本」として有名みたいだが、説明を追って章ごとの練習問題をゴリゴリやるには難易度高い。全く時間が足りない。それよりRを触ってみたい。

そこで必要な知識に当たりをつけるために公式テキストを購入。

日本統計学会公式認定 統計検定2級対応  統計学基礎

日本統計学会公式認定 統計検定2級対応  統計学基礎

Amazonのレビューの通り、この一冊を教科書代わりに使うのは難かも知れない(各章が別々の著者のため説明のボリュームや式の表記が一貫していない箇所が散見される)。

そこで統計学入門(基礎統計学)を使って適宜補いながら読み進めた。この公式テキストの良い点はRを使った自習が可能なこと。このテキストは本文中の説明や図に対応するデータやRのコマンドが出版社のサイトからダウンロード可能*1。いくつかのファイルはCSVファイルが読み込みエラーになることあったdata<-read.csv("test.csv", header=T, fileEncoding="cp932")があっさり解決。

試験対策

上記2冊をやった上で色々な事例で実践すれば理想的だが、そこは検定「試験」。過去問を素直に解いて出題傾向を知る。

日本統計学会公式認定 統計検定 2級 公式問題集[2011〜2013年]

日本統計学会公式認定 統計検定 2級 公式問題集[2011〜2013年]

求められていると感じたこと

統計に関する基礎知識に加えて下記が必要だと感じた

  • 表やグラフを見て答える問題
    • 3級の範囲かもしれないが意外と問題量は多い。
  • 問題文・選択肢を注意深く読む
    • 出題意図と解析の流れを掴む。
  • 電卓を使った正確で素早い計算

電卓選び

100円の電卓にしてケチるか最後まで迷った。気にするべきは桁数だった*2

対策+α

過去問やテキストを読み進める上で興味を持った箇所を補ってもみた。

分散分析や実験計画法についての知識を補うために赤本の後編の「青本」も部分的に読む。統計的仮説検定の理解のため検出力の話などにも目を通してみた。

自然科学の統計学 (基礎統計学)

自然科学の統計学 (基礎統計学)

公式テキストの単回帰と重回帰分析の説明はやや駆け足。 そこで評判の良さそうな下記のテキストを少し読む。

多変量解析法入門 (ライブラリ新数学大系)

多変量解析法入門 (ライブラリ新数学大系)

重回帰分析からは線形代数と合わせて理解したい気がした。色々と手を伸ばそうとしたが時間切れ。

他に参考にした書籍

下記のテキストを薦めている人もいた。例題だけパラパラと目を通してみた。

統計学演習

統計学演習

Rに関して時間を割かない用に下記のクックブックも手元に置いてみた。

Rクックブック

Rクックブック

結果

想定していた出題傾向とのズレ!?

結果は合格でした。過去問の出題傾向に引っ張られすぎた。当日の感想としては

  • 計算量(ここでは電卓を叩く量)が多く問題数は変わらないのに解答に時間がかかるような気がした。

  • 検定の統計量の算出の式を覚えているか?という単純な問題よりは自分でデータを見ながら解釈していく実践的なスキルを問う問題に少し変わっていた

  • やっぱり選択式の試験。過程は評価されないし時間内にいかに間違わずに正確に解くか。やっぱり何問かミスった。

反省点

Rを色々触るには圧倒的に時間が足りなかった。

書籍選びも試行錯誤した。やり直すのであれば評判の良さそうな

Rによるやさしい統計学

Rによるやさしい統計学

で自習するかもしれない。立ち読みした印象も中々よかった。

今後

自習中に見て面白かったページは何と言っても Takenaka's Web Page: 統計学的な有意性検定の意味のなさだった。このページのリンク先の人が著書の

を次は自習したい。実例とか応用を意識して暫く学習続けてみたい。

*1:R自体の詳細な説明はほぼ皆無なので別途自分で補う必要がある

*2: 因みに過去問で一番大きかった計算は {R^2=8417798830/(8417798830+5996622222)}