読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

野次馬エンジニア道

野次馬な気持ちでプログラミングをあれこれと綴ります

ビジネス関連の読書メモ (4) - 数学再入門

ビジネスには程遠いが、年末年始のスキマ時間に数学に再入門。

計学のための数学入門30講

統計学のための数学入門30講 (科学のことばとしての数学)

統計学のための数学入門30講 (科学のことばとしての数学)

高校の数学の復習から統計学を理解するために必要な基本事項に絞って解説した本。 普通の教科書を読むのは重すぎる人に向けた目的意識のハッキリした本。

数学の内容に続いて「統計学ではこう使う」という形でコラムが43個挿入されている。

例えば

  • (23) 分散共分散行列と相関係数行列の関係
  • (25) マハラノビス距離
  • (30) 主成分分析
  • (42) 二変量の正規分布

といった解説を線形代数と結びつけて読めるのは非常に助けになった。

さらに10年以上前に出た本を年末の整理で発掘。最小二乗と線形代数の箇所だけ軽く見る。

これなら分かる応用数学教室―最小二乗法からウェーブレットまで

これなら分かる応用数学教室―最小二乗法からウェーブレットまで

これなら分かる応用数学教室―最小二乗法からウェーブレットまで

スペクトル分解から特異値分解までの流れを授業風で解説。 信号処理や画像処理などの応用例までを続けて解説しているのでイメージを掴みつつ理解を深められそう。

この本を引用しているブログを探していたら、下記の素晴らしい記事を発見。

pLSIは自然言語処理分野の手法だが固有値固有ベクトルの理解を助ける良い実例。